タグホイヤーの歴史

タグホイヤーはスイスの高級時計メーカーで、世界的には以前から高級ブランドの一角として非常に有名でしたが、日本では少し前タグホイヤーはスイスの高級時計メーカーで、世界的には以前から高級ブランドの一角として非常に有名でしたが、日本では少し前まで一部の高級時計ファンの間では有名だったものの一般的な知名度は比較的低い状態でした。しかし、最近ではモータースポーツやサッカーのオフィシャルタイムキーパーを担当していることなどによって知名度を高めています。
タグホイヤーの創業者はスイス人のエドアルト・ホイヤーです。ホイヤーは自国の時計メーカーに入社して約4年間勤務した後、1860年に「エドアルト・ホイヤー・ウォッチメーカーズ」という会社を創業します。この会社が現在のタグホイヤーであり、ここから歴史が始まったのです。タグホイヤー社は1869年には鍵を使わずにリューズを巻き上げられる懐中時計用の機構で特許を取得するなど順調に事業を展開し、1876年にはイギリスに子会社を設立しています。また、1887年には創業者の息子であるルイズ・ホイヤーが入社し、経営基盤も盤石になりました。
そして同年、タグホイヤーの歴史で重大な出来事が起こります。ストップウォッチ用に振動ピニオンを開発し、特許を取得したのです。この技術はクロノグラフ界における大きな進歩であり、全世界に社名と技術力を轟かせました。
その後、1985年に外部からの出資を受け入れて社名がタグ・ホイヤーになり、現在まで操業を続けています。


Copyright(c) 2017 タグホイヤーガイド All Rights Reserved.